1枚目

受変電工事

受変電工事

ビルや工場などで使われている電気は、一般家庭と同じように、ほとんどの場合、電力会社から購入しています。
一般家庭の場合は、電圧200/100Vで家庭内に引き込まれていますが、ビルや工場などは6600Vや22000V、66000Vといった電圧で建物内に引き込まれています。 そして電圧の高い電気を、施設内にある、設備で100Vや200Vの電圧に降圧し、施設内でも一般家庭と同じように電灯やコンセントなどを使えるようにしています。 このように、高圧で引き込んだ電気を使い易いように降圧する機器を設置し、配線工事を行っています。


ガス絶縁開閉装置(C-GIS)

水処理施設・電気工事

C-GISはキュービクルに収容されたガス絶縁開閉装置であり、遮断器、接地開閉器、断路器、避雷器、検電装置などを盤内に集約したものです。
変電所内の監視盤や送出しのフィーダー盤などと並べて、変電所を小さく納めることができます。 「ガス絶縁スイッチギヤ」とも呼ばれます。


スポットネットワーク受変電設備

水処理施設・電気工事

スポットネットワーク受電設備は常時2~4回線の22kVまたは33kVの特別高圧配電線から受電し、各回線の変圧器二次側を連系した方式で、配電線1回線が停止しても何の支障もなく受電できる方式である。


無停電電源設備工事

水処理施設・電気工事

入力電源に停電などの異常が発生しても一定時間は停電することなく電力を供給し続ける電源装置である。
一定時間を超える停電には非常用発電機を併用したり、安全にコンピューターなどを終了させる機能を併用するのが一般的。 一般に UPS(Uninterruptible Power Supply) と呼ばれることが多い。


横浜

株式会社ハマデン
〒226-0013
神奈川県横浜市緑区寺山町110番地5
古澤ビル2階(地図)
TEL:045-938-8560
FAX:045-938-8755